紫外線対策

紫外線というとお肌の大敵というイメージがありますが、スキンケアをする上で紫外線対策も考えなければいけません。
正直なところ、紫外線を適度に浴びることはビタミンDを生成するため、良い効果もあります。
しかし紫外線を浴び過ぎたり、アトピーのような弱った肌には紫外線は危険です。
紫外線はコラーゲンの繊維を損傷させたり、メラニン色素を沈着させてシミやシワを作り出します。
最も新陳代謝の活発なお肌であれば、シミやシワが出来る前にターンオーバーが行われるため、色素沈着に悩まされることもないのですが、アトピーに悩んでいる方は代謝が遅れがちだったり、紫外線を浴びることで炎症を悪化させてしまいます。
紫外線対策としては日焼け止めを塗ったり、露出をしない工夫をすることが大切です。
夏場は日焼け止めを塗るなどの対策は多くの人が行っていますが、実は夏場以外も気を付けなければなりません。
晴れていなくても、真冬であっても紫外線は地上に降り注いでいるのです。
真冬に日焼け止めを塗ることはなくても露出を減らすよう工夫はしましょう。
お肌を出すようであれば日焼け止めを使うようにします。
防腐剤などが気になる方は敏感肌用のものやベビー用であれば低刺激なので、炎症を悪化させるなどの影響もないと思います。
また日焼け止めの効果を表す数値にSPFなどがありますが、なるべく高い数値のものが良いとされます。
海水浴でもないのに日焼け止めを塗る習慣などないと思いますが、アトピー性皮膚炎の人は普通よりも慎重にお肌の対策をするべきだと思います。
またごぼう茶には代謝を上げる効能があるそうです。
一度お試しください。