睡眠の効果

アトピーのスキンケアというと、化粧水や乳液、クリームなどの目が行きがちですが、スキンケアの基本は質の高い睡眠です。
人間の細胞というのは寝ている間に生成されます。

当然皮膚細胞も就寝中に生成されるため、健康的な皮膚を取り戻すためにはしっかりと睡眠をとる必要があります。

特に夜10時から深夜2時まではゴールデンタイムと呼ばれるようにこの時間に睡眠をとるとアトピーだけでなく、ニキビや吹き出物などの皮膚トラブルも改善することがよくあります。

このように睡眠はさまざまな皮膚トラブルを治す上で重要なウェイトを占めているといっても過言ではありません。
では睡眠にはどのような働きがあるのでしょうか。

まず細胞の生成です。
皮膚だけでなく髪の毛や骨、筋肉の成長を促します。

体のあらゆる細胞の修復や生成において睡眠は不可欠なのです。
それから睡眠中というのは副交感神経が活発になり、免疫細胞の働きを活発化させます。

自律神経のバランスを保つには交感神経と副交感神経の働く時間をそれぞれ作り出す必要があります。
このバランスが保たれると免疫力が向上し、アトピーなどのアレルギー反応を抑制することが出来ます。

この他にも睡眠には疲労の回復や記憶の整理といった効果があります。
アトピーにとって弱った体質を改善をすることは不可欠といえます。

なおどんな寝具を使うかによって、睡眠に影響を与えることがあります。
快眠のための寝具の選び方はこちらをご覧ください。

睡眠は生命活動の基本ですから、睡眠をおろそかにしては体質など改善することはありません。
睡眠はダイエットにも効果があると酵素ダイエットの効果にも書かれています。