入浴時の塩素

水道水に含まれる塩素は見落としがちですが、人体に悪い影響を与えます。
いくらスキンケアやシャンプーに気を使っても、肝心の水が有害では元も子もありません。

塩素を含む水は皮膚を酸化させますが、酸化は人間の体を錆びさせる状態であり、体内で発生する活性酸素などは老化の原因ともなるものです。

プールなど塩素を含有した水を浴びると髪やお肌が乾燥したり、パサつく経験があると思います。
これは塩素によって皮膚や髪のたんぱく質が破壊されていることに起因します。

その結果お肌の保湿力や保水力は低下し、乾燥肌の原因ともなるのです。
塩素はアトピーにとってもよくありません。

またトリハロメタンという名称を聞いたことがあるでしょうか。
これは塩素によって発生する発ガン性物質のことをいい、水道水を摂取することによる発癌性も指摘されているのです。

細菌やバクテリア、ウィルスを死滅させる塩素は強力な殺菌力ゆえに人体にも有害です。
浄水器やウォーターサーバーを設置するなどして極力塩素を摂りこまない、触れない環境作りが大切です。

アトピーにお悩みであれば、とくに入浴時の塩素除去は効果があります。
シャワーヘッドや浴槽のお湯にはビタミンCや活性炭を使い、塩素を中和、除去する方法もあります。

毎日の入浴で浴びる水道水は相当な量になります。
皮膚の健康を取り戻すためには、塩素を取り除くことも大切です。